home

対話的・主体的な深い学び

外国人に、日本人の英語は文法が間違っていないのに不自然だと良く言われます。これは日本人が文法を基盤に単語を使って勝手に英文を作り上げるからです。文法を基盤とする学習方法は効果的な学習でもありません。

人工知能の研究により、脳の優れた学習メカニズムも分かってきました。達人を真似、フィードバックで矯正する学習は非常に効果的である事が証明されました。

その理由はネイティブを真似る事でいろいろな工夫が生れ、学習が楽しくなります。それだけではなく、真似る事で効率の良い、誤り排除学習(Error-less Learning)ができます。音を覚える事で表現も文法も発音も使い方も同時に学習ができます。

更に、記憶の累積効果転移学習が起こり、増殖的な学習が実現するからです。人間の脳には報酬系が作用しますから、ポジティブなフィードバックがあれば学習意欲さえも高めてくれます。

これは人工知能も取れ入れてた脳の学習方法であり、ディープラーニングと呼ばれています。文科省はこれからの教育として対話的・主体的な深い学びを提唱しております。英語の対話的・主体的な深い学びがディープラーニングです。

先生やネイティブに教えてもらうのではなく、学習者が対話的にかつ主体的に学ぶ方法で効果的な学習ができます。

1.言葉の習得方法

我々が日本語を話せるようになったのは、日本語を話そうとしたからではありません。話す事も、聞く事もできない幼児期に言葉が話せるようになったのは、周りの大人が話すのを真似て、そして上達するのが楽しかったからです。

達人を真似る行為は単に真似るだけでなく、脳の学習能力を継続的に促進しているのです。聴いた音を真似る、そしてフィードバックを得て、どんどん聴いた音に近付ける行為こそがディープラーニングと呼ばれる学習方法です。

文法を学ばずに正しい日本語が話せたのは、大人の真似をした結果なのです。文法を学ばずに正しい表現が使えるのは、大人の使う表現には発音、文法、意味、使い方までの情報が含まれているからです。

脳はネイティブを真似て全ての情報を同時に学習しているからなのです。言語は文法を学ぶ用法基盤ではなく、多くの表現が集積された事例基盤です。

言語は事例基盤モデル 

つまり言語を話す時には文法のようなルールを適用しているのではありません。発音や文法等の情報の含まれたネイティブが使う表現を覚えます。更に覚えた知識により転移学習が起きて、同じような場面に類似のパターンを適用できるから自由に話せるのです。

現在の英語の授業のように先に文法を教えて、それを基に英文を作らせるのは間違った方法です。主語と述語や目的語は組み合わせが決まっている場合が多いので、英語を表現を覚えていなければ、文法や単語だけで英語を話す事は無理な事です。

ディープラーニング

グーグルはAlphaGo呼ばれる囲碁の人工知能を使い、達人を真似てフィードバックで矯正するディープラーニングが効果的な学習方法である事を証明しました。この人工知能のディープラーニングは人間の脳の学習の仕組みを真似たものです。

英語を話すためには達人であるネイティブを真似て、どんどんスキルを向上させ、同時に使える英語表現を確実に増やしていくことです。

この達人を真似る学習方法は、文法のようなルールを学ぶよりずっと効率的な学習ができます。

累積効果による転移学習

ディープラーニングではネイティブを真似るプロセスで忘れないように覚えます。するとその知識の累積効果により転移学習が起こります。脳のディープラーニングとは既存の知識が次の知識を増やす増殖型の学習方法です。

脳は一生成長する器官ですから、脳の学習メカニズムはずっと同じです。

もちろん大人でも子供のようにネイティブを真似て覚える事で、日本語と同じように英語が話せます。ネイティブの表現を覚えてしまえば、その表現にはもう文法が含まれています。

臨界期の克服

臨界期後に発生する大きな問題はLやR等の日本語で使わない、音の判断能力が低下する事なのです。この音の調節の問題はネイティブを真似てフィードバックを得るディープラーニングで解決できます。

第二言語習得理論

脳は一生成長するのですから、臨界期の前も後も、第一言語も第二言語も、基本的な学習方法は同じです。

子供は簡単な表現から覚えます。使える表現をどんどん覚えていきます。そして転移学習で使える表現が増殖されます。

幼児期の場合は簡単な表現から覚えますから英語が話せる環境だけでは習得できます。しかし大人は最初から大人が使う難しい表現も覚える必用があります。

大人でもネイティブの音声を真似て、フィードバックを得て矯正と修正をして、手続き記憶で自動化して長期記憶に保存する事です。これは日本語を覚えた時と同じです。

大人の場合は日本語による多くの知識が使えますから、子供より効果的な学習が可能です。脳を真似た人工知能から、我々こそが英語の効果的な学習方法を学ぶべきです。

人工知能から学ぶ英語学習

英語は話そうとするから話せるようになるのではありません。達人を真似て覚え、覚えた知識からパターンを学んで新しい表現を作り、話せる表現が豊富になります。

オンライン英会話も英会話ロボも、単に会話の相手になってくれるだけで、覚える手助けをしてくれる訳でありません。

AI英会話と英会話ロボット

2.音声を聞いて真似る

人間の脳が処理ができるデータは全てが連続性のあるアナログ・データです。もちろん音声もアナログであり、連続的に変化する音のストリームです。

音声学では子音と母音の正しい音素が時間軸に同格で並んでいると考えていますが、それは概念の音であり、物理的に実在する音でありません。

ディープラーニングではネイティブを真似、フィードバックを得て何度もその精度を上げます。すると手続き記憶で自動化され長期記憶に保存されます。

発音の最適化

精度を上げるという事はネイティブのような自然な発音にする事であり、発音し易い最適化を目指しています。最適化とは理想の発音であり、我々は歩く事も、走る事も、泳ぐ事も、歌う事も最適化を目指して上達します。

すると脳には報酬系が働いており、上手になると快感を得てモチベーションが高まります。最適化とは脳が最も得意であり、楽しいプロセスなのです。

脳は多くの反復とフィードバックの評価で膨大なデータから最適化された答えや、最適化された発音方法などを瞬時に選ぶ事ができます。

ネイティブを真似るディープラーニングで英語を覚えるためには真似るための多くの教材が必要です。

教材開発の歴史

過去6年間に渡り、累計で300人ほどの協力者にいろいろな教材を使い、スカイプのオンライン・レッスンで長期に渡り効果を調べました。

その結果、ディープ・アクティブラーニングには対話集と表現集が最も効果が上がる事が分かりました。

また最初は音声もなくPDFに英文と和訳を掲載しただけでした。現在では全ての教材はネットに公開されており、英文と和訳だけでなく音声も聞く事ができます。

和訳と音声と英文で構成

英会話革命には対話集と表現集が用意されており、ネイティブの音声を真似て覚えるために、全ての英語表現に和訳と音声バーと英文が添付されています。

現在、表現集60冊と対話集60冊、合わせて120冊の教材が準備されています。表現集も対話集も個別の英文と音声と和訳があります。PCだけでなく、スマホやタブレットを使って音声も聞く事ができます。

対話集60

全ての対話事例に英語、音声、和訳があります。ここではディープラーニングで英語を学習します。教材の公開は会員に限定されています。リストだけは閲覧可能です。

対話集60冊のリスト

対話集の内容

練習が終わったら、和訳を見ながらその英語を覚えたかの練習もできます。更にSNSを使えば他の学習者とのロールプレイもできます。

表現集60

全ての表現事例に英語、音声、和訳があります。ここではディープラーニングで英語を学習します。教材の公開は会員に限定されています。リストだけは閲覧可能です。

表現集60冊リスト

全ての表現事例に英語、音声、和訳があります。ここではディープラーニングで英語を学習します。

そして記憶が増えると累積効果で真似る能力が高まり、パターン学習が加速され、そしてパターン認識精度も向上します。

表現集の内容

3.全てが同時に学べる

ネイティブを真似る学習方法の最大のメリットは効果的な学習ができる事です。日本語を学ぶ時には発音や文法やリスニングを別に練習しておりません。

達人であるネイティブを真似て覚えるディープラーニングは発音や文法やリスニングが同時に学習できるのです。非常に効率が良い学習でもあります。ここで使っている文法の意味はルールと言う意味ではなく、皆が使うパターンです。

達人であるネイティブの音声には、正しい表現正しい発音正しい文法正しい使い方が含まれているからです。正しい音を覚えますから、正しいリスニングもできるようになります。

発音練習

日本語では特別な発音練習をしておりません。音声はアナログ信号で、規則性がないので、音声を学ぶためにはネイティブの発音をそのまま真似て、フィードバックで矯正して学びます。ネイティブを真似るのですから、練習次第でネイティブ並みの発音も可能です。

発音について

リスニング

音声はアナログ信号であり、連続的に音が変化する音のストリームに過ぎません。音素が並んでおりませんから、音声認識も音素ベースではありません。リスニングは自分の記憶にある音と、流れて来る音声の次の音を予測しながら、聞いている音と照合する事です。自然な音声を覚えていればどれ程速く発音されても聞き取る事ができます。

日本語の「掘った芋ほじるな。」は英語話者には”What time is it now?”に聞こえるのはそのためです。音素ベースでは20%も合致しておりませんが、全体的な音の特徴が似ているのです。

リスニングはパターンマッチングですから、記憶の累積効果で、覚えた表現事例が増えると認識精度も向上します。

リスニングについて

英語表現

音で覚えるので使える状態で保存されています。手続き記憶で自動化されて忘れないように覚えていますから、あまり発音などを意識しなくても使う事ができます。

文法

正しい英語の表現事例を覚えますから文法も既にその中に含まれています。

文法を学ぶ必要はない

語彙

表現事例には多くの語彙が使われています。ディープラーニングで英語の覚え方を学習しますから、どんどん新しい表現を覚える事で語彙数も増えます。

加速的な学習

ディープラーニングは転移学習により加速的な学習が可能です。脳は覚えた音声をパターンで学習して、パターンで認識しております。その累積効果が発揮できます。

言ってみればディープラーニングでは英語の音を真似るのがどんどん上達するのです。真似る方法を学習しますから新しい表現も覚え易くなります。記憶の増加で、発音、表現、使い方、文法も同時に上手になります。その結果として非常に効果的な学習が可能となります。

子供が3才から5才くらいは急速に言葉が達者になるのはこの累積効果のためです。 記憶の増加で使える表現も増え、真似て覚えるスキルも向上します。

認識精度の向上

多くの表現を音で記憶していますから、パターンマッチングのリスニングも類似のパターンも増え、認識精度も上がります。

文法のようなルールを学ぶ方法ではこの累積効果は生まれません。

モチベーションの維持

英語学習が継続でいないのは、多くの場合に自分で上達が感じられないからです。

ディープラーニングはネイティブを真似て、フィードバックを生かし自分でどんどん改善してスキルの向上が目的です。上手になっていれば報酬系を満たし、モチベーションが上がります。上手になっていければ、次のトライに生かす事ができます。

単なる反復や暗唱と違い、練習する度に自分で練習の結果が判断できます。

4.一緒に学ぶ

教育研究者のジュディス・リッチ・ハリス氏は長年の教育に関する研究の結果、人間の成長は「属する集団」次第という事を発見しております。

ディープラーニングでも学習が継続できなければ、効果は期待できません。ディープラーニングのSNSは効果的な英語学習であるディープラーニングの実践者の集まりです。努力する方が報われる仕組みを目指しております。

ラーニング・ソサイエティ

DISCORDを使ったディープラーニングで学ぶ仲間と交流ができるSNSが準備されています。

英語学習の悩みを相談したり、ディープラーニングの効果的な学習を教えてもらったり、そして対話練習の相手を探す事もできます。

DISCORDをSNSとして使っておりますから、楽しく多くの英語学習者と交流ができます。

会員に登録するとディープラーニングで学習するSNSへ参加できます。自由に書き込み、他の英語学習者との交流ができます。助けたり、助けられたりする事を目的とします。

合同会社ディープラーニングが運営する登録制のSNSですから英語学習目的のみに使われています。

オススメ英語勉強法楽しむ英語 | Study-English

SNSで練習相手とチャレンジ

SNSで練習相手を探して、和文をみながら英語で話すチャレンジできます。

会員様からの感想

いままでいろいろな勉強法を試してきましたが、ここで提唱しているディープラーニングがいちばん効果を実感しました。 ディープラーニングをはじめる前はオンライン英会話などで単語と文法知識を駆使して、自分なりに英語を作り出していましたが、それが正しく自然な英語なのか不安を感じていました。ディープラーニングではネイティブの会話を言い回しごと覚えて使うので間違えようがないし自然な表現になり不安はなくなります。 また、やればやるほど言い回しが増えるので上達を実感できます。伸び悩んでいる中級者の方は是非試してみてほしいです。

ディープラーニングで覚えた表現をオンライン英会話で使ってみるなどの利用法もおすすめです。(Yさんの感想)

一緒に学びませんか

英語学習は「仲間を作る」ことが成功へのカギです。

ディープラーニングで皆と一緒に学びませんか。助けたり、助けられたり、励ましたり、励まされる仲間です。

次のサイトが、ディープラーニングのSNSです。相手を探して対話練習もできます。リンクから参加してください。

良くある質問

Q.このサイトの目的は何ですか。

従来の日本の英語学習の改革をして日本人の英語レベルの向上する事です。具体的には文法を基盤として教えてもらう英語学習から、能動的にアクティブラーニングで英語学習する方がずっと効果的な英語学習ができる事を証明したいのです。

Q.なぜ、無料で使えるのですか。

A.このサイトを使い、ディープラーニングで英語の効果的な勉強ができる事を証明したいのです。多くの方にどんどん英語が上手になってもらいたいのです。そのためには多くの方に参加してもらい、お互いに助けてたり、助けられたりする環境が必要です。同時に参加している方にもその効果を実感して欲しいのです。

この方法が効果的な方法であると認めてもらえれば、その価値に見合った有料の会費制にするつもりです。

Q.いつかは有料になりますか。

A.はい、数十人規模の方が学び合いで英語が上達したら会費制にします。しかし、2019年の2月末までに参加して、5回以上の学び合いをした方は継続的に無料で参加できる創業会員となることができます。

Q.発音は本当に自分で判断できますか。

A.ネイティブの発音と、自分の発音の違いが分かるなら大丈夫です。どうしても分からな時は録音して比較してください。

Q.なぜ、今になって英会話革命なのですか。

A.みてもらえば分かるように、この方法は大量の英文と音声が必要です。音声を使い易くするには従来の紙の本とCDでは実現できません。PCでも理想的な学習方法になりません。ネットとスマホやタブレットの出現でようやく実現可能となった英語学習方法です。

Q.子供と大人の英語学習は同じですか。

A.脳は死ぬまで成長する器官ですから脳の学習の仕組みは幼児も老人も同じです。子供と大人の英語学習の違いが子供は簡単な表現から覚えますから英語を話す環境があれば学ぶ事ができます。大人は最初から大人の表現を独自に学習して覚える必用があります。

Q.フィードバックとはなんですか。

A.自分が想定した出力と実際の出力を比べる事です。初期は録音して時間差のフィードバックを得る事を勧めます。理想的にはリアルタイムに聴覚モニターでフィードバックを得る事です。

Q.ディープラーニングは初心者用の学習方法ですか。

A.ディープラーニングとは脳の学習方法です。達人を真似る方法ですから、初心者だけでなく、英語の話せる人にも効果的な方法です。加速度的に学習が促進されます。

Q.SNSの質問では必ず答えがもらえますか。

A.全員が自主的に参加されている方ですから、質問には必ず返事があるかどうかは分かりません。返事がない時は直接、管理者に質問してください。

Q.覚えた表現しか使えないのですか。

A.言語は文法を学ぶ用法基盤ではなく多くの事例を覚える事例基盤です。その結果としてパターンを習得します。そしてパターンを使い自分らしい表現が作れます。それは転移学習と呼ばれているものです。創造的な表現を増やすために、多くの事例をディープラーニングで忘れないように覚えるのです。

Q.文法の勉強は必要ですか。

A.子供が文法などを学ばなくても言葉が話せるのはどんどん真似をして事例を増やしていくからです。臨界期を過ぎた大人でも言葉は事例基盤モデルです。文法を知っていて悪い事はありませんが、英語を話すために必要な知識ではありません。

Q.SNSへの参加は必須条件ですか。

A.参加は任意です。できれば参加して他の学習者と交流してSNSを盛り上げていただけると幸いです。そうしていただけると他の方も楽しい学習ができます。

Q.ネイティブと練習しなくても英語は話せますか。

A.ここでは英語を覚える時はネイティブを真似ます。ソーシャルラーニングは対話の練習をするのですから、相手をしてもらうだけです。多くの英語表現を覚える間は特にネイティブを相手に会話する必要ありません。