チャレンジ対話11

サイト内検索

チャレンジ 対話集11

英語でチャレンジしてください。

自分で正しいと思う英語表現ならこの教材の表現でなくてもOKです。

 

トッド: OK、ティム、ランニングについて話しましょう。

ティム:OK

トッド: あの、我々は夜数日走りました。

ティム: はい、そうです。

トッド:あなたは私よりもずっと速く走りました。あなたは速く走れます。どのくらい(回数)走るのですか。

ティム: ええ、私は現在は週に4日走ります。でも、小さい時は毎日です。

トッド: ああ、そうですか。凄い。高校とか大学では走っていましたか。

ティム: 私は走っていました、私が6才の時に始めました。

トッド: 本当ですか。

ティム: そして走り始め、大学までずっと走りました。

トッド: そうですか。

ティム: そうです。

トッド: OK。それでは何の種目でしたか。

ティム: 中距離で、中距離とは1,500メートルから5,000メートルです。

トッド: そうですか。あなたは短距離が得意ですか、それとも長距離が得意ですか。

ティム:中距離です。

トッド:中距離ですか。中距離とはどのくらいの長さですか。

ティム:はい、1,500メートル、そのくらいです。

トッド: 1,500ですか。

ティム: はい。

トッド: OK。ではあなたの1,500メートルの最高のタイムはどれくらいですか。

ティム: うん、3・・・・約347です。

トッド: 347秒ですか。

ティム: はい。

トッド:随分速いですね。

ティム: はい。実は私がそれをしたのは高校時代です。大学ではあまり速くありませんでし。

トッド: あなた速く走れるのですね。もう、私はあなたが速く走れてもそれほど気落ちしません。

ティム: 私は遅くなっています。私はビールを飲んでおり、もう速く走る事ができません。

トッド: 我々はだんだん年をとっています。実は私も33です。あなたの年齢はいくつですか。

ティム:私は27です。

トッド:27ですか。OK。これからの人生もずっと走るつもりですか。

ティム: そう思います、はい。私は木のあるところで走りながら育ち、毎日が木の中でした、それで本当に毎日林の中を走りたいのです。私は(それをするのは)健康的であると思います。

トッド: はい。それは素晴らしいですね。OK。どうもありがとう、ティム。

ティム: どういたしまして。

チャレンジはどうでしたか。

SNSでチャレンジ練習の相手を見つけてください。

英語で言えなかった表現を集中的に復習してください。

対話集11

覚えていたら次の教材にチャレンジしてください。

チャレンジ対話12

チャレンジ対話集