チャレンジ対話42

サイト内検索

チャレンジ 対話集42

英語でチャレンジしてください。

自分で正しいと思う英語表現ならこの教材の表現でなくてもOKです。

トッド:モニカ、今週はテクノロジーとそしてテクノロジーがどう我々の読書方法とか書き方を変えるかと言う事について話したいのですが、まず読書について話しましょう。あなたはインターネットにより、以前よりは本を読むのが少なくなったと思いますか。

モニカ:私はインターネットにより、以前よりは本を読むのが少なくなったとは思いません。

トッド:それでは、あなたはまだかなり読んでいると言う事ですか。

モニカ:はい、最近でも私はかなり読んでいます、しかしそれは私に使える暇な時間があるかどうかだと思います。

トッド:それでは、インターネットにより、全然読書の時間が減っていると思いませんか。少なくともあなたにとっては。

モニカ:私は違う目的でインターネットを使用するので、私はノーと言わなければなりません。私はインターネットを電子メールのチェック、友人と情報交換のために使うので、本を読むのは完全に別な私のくつろぎのためのものです。ええ、それが私の読書の時間にインパクトを与えたと思いません。

トッド:そうですか、分かりました、私にとってそれは正反対だと思います、非常に悪くなっているのです。私は雑誌や新聞をほとんどオンライン読みます、そして私はそれでも時々新聞も買います、しかし私は本を読むのは完全に止めました。私はもう本を読まないのです、でもこれは私一人だけではないと思います、皮肉にも私はオンラインで、オンラインで読むことにとても慣れてしまったので、座って本を読むプロセスが以前より楽しくないので、本を読むのを止めたと言うのを読みました。

モニカ:でも、私は読む事に影響を及ぼさないと言いましたが、私は新聞をハードコピー形式で読むのを止めたと言わなければなりません。はい、その点では以前より読む事が少なくなっています、私はウェブサイトで記事をチェックするようになりました。

トッド:それでは、あなたはめったに新聞を買わないのですか。

モニカ:はい、その通りです。私は環境を気にしていますから、インターネットでニュースを見ることができれば、新聞に印刷されるために切り倒される全ての木を保存できるような気がします。

トッド:はい、それはもの事を見る良い方法ですね。

チャレンジはどうでしたか。

SNSでチャレンジ練習の相手を見つけてください。

英語で言えなかった表現を集中的に復習してください。

対話集42

覚えていたら次の教材にチャレンジしてください。

チャレンジ対話43

チャレンジ対話集