チャレンジ対話45

サイト内検索

チャレンジ 対話集45

英語でチャレンジしてください。

自分で正しいと思う英語表現ならこの教材の表現でなくてもOKです。

トッド:今、あなたは若い時にラジオ関連で働いており、人生の後半でまた戻ったと言っていました。それについて話しましょう。

シファニ:はい、そうです。私は21才の時、番組をやるために引き抜かれました。この番組は、同時に3つの異なる言語で話す必要があるフリーの番組で基本的に聴衆の方の範囲が非常に広いものでした。この番組では私が基本的にしたい事は何できました、そして話したかった事を何でも話す事ができました。私は音楽、時事、政治的な話し、政治的でない話でも、私の心に浮かんだ何でも話しました。

トッド:それで、番組の3つの言語は何ですか。

シファニ:ヒンディー語、パンジャブ語ともちろん英語。

トッド:OK、それはどの都市でしたか、それはどこでしたか。

シファニ:それはオークランドでした。

トッド:OK。それでそのブレンドされた番組は、あなたがある言語からもう他の言語で話すと言うラジオ番組でしたか。

シファニ:はい、そうです。番組は基本的に多くの人に一般的なサービスを提供していましたので、大事な事はたとえ彼らが言語を話せないとしても、人々に理解できるように話す事でして。その仕掛けは英語で3分の1、残りをヒンディー語とパンジャブ語で話しましたが、私はそれをできました、そしてなんとか意味のあるものにできました。

トッド:あなたはそれをどうやったのですか。あなたは事前に準備をしましたか、またはあなたが気の向くままに自然に話したのですか。

シファニ:私にとって全く自然にできる事であり、それは私の両親がヒンディー語とパンジャブ語を話すからです、私にとって英語は自然に話せ、他の2つも言語も自然でしたから、それらの言語を混ぜて使う事はまったく問題ありませんでした。

トッド:現在、あなたはそのようにある言語が他の言語が変わったり、また戻ったりする時、あなたがそれに気付きますか、それともあながある言語から他の言語に切り替えて話していることをさえ気付きませんか。

シファニ:私は、まったくそれを意識していると思いません。それは、自然にできます。それは勝手に舌が話してくれます。私は3つの言語に流暢ですから、一つの言語からから他へと変わるのは私にとっては全く日常の出来事です。

トッド:それで、あなたの音楽業界の経験から、どうすれば良いDJになれますか。

シファニ:良いDJは、聴衆者が必要な時に中立になれる人であり、立場を急に変える事ができ、中立的から対立的な立場を替えることができる人です。私が言おうとしているのは、面白い話題があるとき、参加者があなたに電話をして、それが非常に肯定的である場合、良いDJは、対立的にできるような事を言って非常に速やかに話を替える事のできる人です

トッド:現在、あなたはそれには特定のバランスのようなものがあると思いますか、つまりどのくらい話すとかそしてどのくらい音楽がかけるべきとか。

シファニ:絶対にバランスがあります。多くの場合聴衆はラジオで音楽を聞きたいので、確認する必要がある事は音楽比率があなたがどのくらい話せるかではなく、あなたが語る事は面白くなければならないし、非常に制限されていると言う事です。

トッド:はい、たいへんありがとう。

シファニ:どういたしまして。

チャレンジはどうでしたか。

SNSでチャレンジ練習の相手を見つけてください。

英語で言えなかった表現を集中的に復習してください。

対話集45

覚えていたら次の教材にチャレンジしてください。

チャレンジ対話46

チャレンジ対話集