チャレンジ対話47

サイト内検索

チャレンジ 対話集47

英語でチャレンジしてください。

自分で正しいと思う英語表現ならこの教材の表現でなくてもOKです。

トッド: あのジョナサン、私は貴方の旅行について、この新しいカウチ・サーフィングについて話したいの。すみませんがカウチ・サーフィングについて話してくれませんか。

ジョナサン: カウチ・サーフィングはかなり新しいサイトで、旅行者がいろいろな世界中の行きたい所に居る人に会うためのものです。人々は家のカウチや他のスペースや床などのスペースを提供するのです、そしてその代わりに次はその人が家に来るような事がある時には同じような事をしてあげるのです。

トッド: そうですか、人々は登録してもしだれがカウチを持っている人を探すと、そこに行って無料で泊まらせてもらうのですね。

ジョナサン: はい、無料です、しかしそれを悪用してはいけません。それはケチで金を節約するためのものでありません。それはいろいろな人との関わりを求め、地域の人と多分経験を共有したり他の人に会う他のものです。もし、単に行ってタダで宿泊させてもらうなら、良い体験とはなりません。

トッド: あなたはカウチ・サーフィングをした事がありますか。

ジョナサン: はい、二回程しました。私は東京の南西に住む友達の所に泊まりました。私はそこに行って海岸をみたり、いろいろして、そして彼女は私の良い友達となりました。我々には共通点が多く、数度出かけて飲みに行くとかをしました。

トッド: そうですか、その人の家に行ったのですね。電子メールを出し、そして泊まって良いと言う電子メールの返事をもらったのですね。

ジョナサン:そうです、カウチ・サーフィングする多くの人は世界中の人と会うのが好きで、そして地域の文化とか、観光スポットとか話すのが好きなのです、その代わりに訪問している人、つまりカウチサーファーは彼らに何かをします。ホストに対して自分の国を語るとか、自分の国の料理を作ったりします。

トッド:安全性に関してはどうですか。これに関して私は安全面が心配になりますが。

ジョナサン:心配する人もいると思いますが、カウチ・サーフィングには泊まった人を保証するのシステムがあります。あなたが推薦人をつけたり、システムに登録をしてカウチ・サーファーやホストと認定してもらう事もできます。もし多少でも不安のある人はカウチを提供する必要はありません。絶対条件でありません。

トッド:それではどうカウチ・サーフィングを始めれば良いですか。サイトに行けば良いですか。

ジョナサン:はい、サイトに行って登録してください。最初は推薦人や友達もいないので、人々はあなたを泊まらせるのを躊躇するくれないかも知れません、でもプロフィールを登録して友達を作ります、他のSNSと同じようなものです。

トッド:ジョナサン、どうもありがとうございます。なんか面白そうですね。

ジョナサン: どういたしまして。

チャレンジはどうでしたか。

SNSでチャレンジ練習の相手を見つけてください。

英語で言えなかった表現を集中的に復習してください。

対話集47

覚えていたら次の教材にチャレンジしてください。

チャレンジ対話48

チャレンジ対話集