チャレンジ対話52

サイト内検索

チャレンジ 対話集52

英語でチャレンジしてください。

自分で正しいと思う英語表現ならこの教材の表現でなくてもOKです。

ドロン:あなたの良いデートについての考えは、何ですか。あなたはデートにはどこに連れて行って欲しいですか。 

メリッサ:私の考えでは良いデートには多くの異なる事があると思います。完全に楽しい夜は別に特定の場所である必要はありませんが、しかし、数か所程あり、私は自然が好きです。

私の考えでは、楽しいデートは多分ハイキングまたは自転車に乗りに行ったり、そして良い運動の後に夕食かコメディ・クラブに行く事です。私は、コメディアンを見に行くのが好きです。

ドロン:それはデートしている人と同じユーモアセンスかどうかを知るのに良い方法です、なぜならばあなたと同じことを笑っていれば同じセンスをもっていることが分かり、そうすれば一緒によくやっていくことが可能です。

メリッサ:はい。それは都合の悪い時もあります。多くのアメリカのコメディ・クラブは卑猥な冗談などを言いますから、都合の悪い場合もあります。しばしば、コメディアンはお客に見つけ、彼らは私が恥ずかしいようなそんな事をするかもしれません、しかし、ちょうど夕食に出かけて、それからその後で海岸とかそのような場所に行く事です。

ドロン:非常にロマンチックですね。

メリッサ:はい。

ドロン:悪いデートとはどうですか。あなたのとって悪いデートとは何ですか。本当にあなたに嫌気をさす男性はどんな事をする人ですか。

メリッサ:本当に私は偏屈なコメントとか、人種差別するコメントとか、偏見のあるコメントを言う、そのような事をする事でそして、私はそれは非常に嫌になり、他の人に対する彼の全部の態度が私にとって本当に重要だと思います、だから、彼が私の周りにいる人、ウェイトレス、ウェイター、スタッフの回りに接し方です、事実、何度かレストランでスタッフをひどく扱う人々の近くにいたことがあります。

ドロン: 私は、それは好きでありません。

メリッサ:私は非常にそれが好きでないので、それはそれで嫌になってしまいます。

ドロン:あなたは、これまでにレストランかカフェで働いた事がありますか。

メリッサ:はい、やった事があります。私が15才の時、サンドイッチ店で私はパートタイムとして働き始めました、そして、我々はホーギーと他の種類のサンドイッチを作りました。

ドロン:あなたは、何を作ったのですか。

メリッサ:ホーギー。

ドロン:ホーギーとは、何ですか。

メリッサ:それは、サブマリン・サンドイッチのようです。それは一種の長いサンドイッチです、そして、それは本当においしいです。それの上に好きなスライス肉や、チーズを選ぶことができます、野菜も。

ドロン:私は、現在空腹になってきました。OK、あなたがサンドイッチ店で働いたのですね。メリッサ:はい、そして、私はピザ店でも働きました。私はたくさんの異なるアルバイトで働きました、しかし、私はテーブルに行く必要のあるような、ウェイターまたはウェイトレスをした事はありません。それは常にライン・サービングと呼ばれており、あなたはカウンターの後でオーダーを受けていて、食物を作るにいます。

ドロン:でも、顧客と接したのですね。

メリッサ:私はしました。

ドロン:私はその人々達、それを質問するのはサービス産業で顧客と仕事をした人達は、食べに行くとき、彼らが通常より礼儀正しくてサービスしているスタッフにより寛容であると思うからです。

メリッサ:確かに。しかし、礼儀正しい男性を捜している女の子の視線では、彼がどのように他の人、私だけでなく、サービスする人だけなく、彼の母やと彼の姉妹等に接する態度は本当に重要です。私は、それが大きい判断材料だと思います。

ドロン:私が思うには、他の人に対する尊敬ですね。

メリッサ:私は間違いなく他の人を尊敬する男性とデートしたいです。

 

チャレンジはどうでしたか。

SNSでチャレンジ練習の相手を見つけてください。

英語で言えなかった表現を集中的に復習してください。

対話集52

覚えていたら次の教材にチャレンジしてください。

チャレンジ対話53

チャレンジ対話集