チャレンジ対話58

サイト内検索

チャレンジ 対話集58

英語でチャレンジしてください。

自分で正しいと思う英語表現ならこの教材の表現でなくてもOKです。

アドリア:あの、我々はホームスクーリングについて話していますが、あなたがホームスクーリングで感じる賛否は何ですか。

シロー:はい、ホームスクーリングについての良いことの一つは、自分自身の予定に沿って勉強ができるということです。私は、毎朝早く起きる必要はありませんでしたそうもし早起きすれば、私は勉強を早く済ますことができます。私がしなければならない勉強の量、私がそれにかかる時間は、私次第であり、それはスケジュールであり、どのくらいの時間を勉強したいと言う事です。

私は実際の学校に行っている他の友人とほぼ同じ勉強量をしました、しかしその違いは私は休み時間や昼食や他の事をスケジュールする必要がありません、もし私が4時間座っている場合はずっと勉強し続けて、私は1 日分の勉強を4時間で終える事ができました。

それはそれらのよいことです、私は旅行することもできました、そして他のことをするのに忙しいので何も学業でき無い事がありました、つまりそれは私が他の日に2日の分の勉強をしなければならないことを意味しました。

悪い1は、私が多くの新しい人と会う機会がなかったということでした。

私は人々が人間を形成するのに多くの作用する典型的ハイスクール経験がありませんでした。その意味では、私はハイスクール・センスのような感覚で友人に会うことができませんでした。

それでも私には良い友人がいます、そして私はどうなっても一人ではありません、しかし、友人に会うことは難しかったのです。

アドリア:そして、あなたは自分自身が怠けている事に気づきましたか。ある日はあなたが忙し過ぎて学業を何もしなかったとか、でも自分自身は休み時間を取り過ぎたとか、時々学業をしたくない時はありましたか。

シロー:はい、それは、私が思うに、ホームスクーリングの大きな問題です。生徒は本当に自発的に勉強しなければなりません、もし生徒が積極的でない場合、その時はホームスクーリングをしている親が厳しくなければなりません、なぜなら勉強しないとか勉強するふりをするとか、何か下手にやるのは非常に簡単にですから、上手に勉強させ、全てを完了させるような人が必要です。

幸いにも私はかなり動機づけされた人間で、そして私は常に勉強を終わらせたいと思っていました、なぜなら私は常により良い事をしたと思っていたからです、もし私が今日それをしなければ明日二回それをしなければならないだろうということを知っていました。

アドリア:それで、ホームスクーリングがあなたに教えたのは多分他の子供にない自己動機づけだと思いますか。

シロー:私はそう思います。それは私に自己動機づけを教えました、そしていろいろな事を計画する方法も私に教えてくれました。私は1日と他のスケジュールの計画ができました。私は自分に明日はこれをしたいと言います、つまりこれをしたいと言う事は、私は明日こうするために今日こうしなければならないことを意味するのです。

チャレンジはどうでしたか。

SNSでチャレンジ練習の相手を見つけてください。

英語で言えなかった表現を集中的に復習してください。

対話集58

覚えていたら次の教材にチャレンジしてください。

チャレンジ対話59

チャレンジ対話集