表現集の使い方

サイト内検索

表現集の使い方

はじめに

合同会社ディープラーニングでは多くの英語事例をディープラーニングで学習するために、対話集と表現集の2種類の教材を用意しました。まずここでは表現集の使い方を説明します。事例はなるべく自然な表現、そして自然な発音の方が効果的な学習ができます。

英語を話したいけど、英語が話せない、この問題の理由はなんでしょうか。英語が話せないのは文法と単語で英語を作ろうとしているからです。つまり単に英語を音で覚えていないからです。

日本語でも多くの自然な日本語をどんどん覚えました。多くの日本語を覚える事によりあまり意識なく、そして正しい日本語が使えるようになりました。

それはではどう覚えたて良いのでしょうか。日本語の場合は昔の事で忘れてしまいました、結果的には反復練習をしてディープラーニングして覚えています。

ここでは表現集の使い方を説明します。この表現集は英語で使われている表現を集めてものです。日本語で言いたい事を英語にしたものでありません。そのために自然な表現だけが収録されています。

1.  ブラウザとアプリ

対話集はオンラインでネット上の教材をブラウザで使う事ができます。そして有料会員になるとオフラインで電子書籍も使う事が可能です。

PCのブラウザで見る場合はクロームでもIEでも大きな違いはありません。しかし、スマホやタブレットのアプリの場合はクロームの方がかなり使い勝手が良くなります。

まずその画面で使える辞書機能です。クロームであればその画面で辞書機能が使えます。IEの場合ですとその単語をタップしてメモリに保存して、ブラウザで辞書を開けてその単語をコピーする必要があります。

クロームの場合は分からない単語をタップすると画面の下にグーグルの単語の検索画面とウエブ検索が表示されます。多くの場合はグーグル検索で意味そして音声を聞く事ができます。

また使いたいページをホーム画面に追加する事ができます。勉強している対話集があればホーム画面に追加すれば、次回はブラウザを立ち上げる必用もなく、ホーム画面のアイコンをタップすれば自動的にブラウザが立ち上がります。

2.  60冊の表現集

次の60冊の表現が準備されています。対話集に練習でかなりの英語を覚えた段階で始めた方が効果的です。全部で3,000英文が収録されています。

60冊の表現リスト

対話集は繰り返し練習して記憶量と増やすのが目的です。しかし、対話集は何度も練習するには向いていますが、使われている事例には言語があり、必要な表現が含まれているとは限りません。

表現集はいろいろな表現が含まれますが、単純な反復練習のためにかなり大変になります。覚えるならまず対話集から覚える事をお勧めします。

この表現は全部覚えると言うよりは、自分が使えそうな表現を覚えるのに向いています。

3.  進め方

言語は事例基盤です。つまり多くの英語事例を覚える事が英語学習の目的です。英語には文法のような基礎があるのではなく、多くの事例を覚える事ですから、学習の順序はありません。一般的に言えば短い方が覚え易いのは事実です。

対話集は全部覚えないと対話練習ができませんが、表現集は自分だけの英語学習ですから、好きな英語事例を覚えてください。

そして覚える時には忘れないように覚える方が効果的です。意識的には無理ですが、反復練習で手続き記憶として長期記憶に保存された事例は忘れません。言いたい時にあまあり意識なく言える場合は自動化が済んでおり、忘れずに覚えています。

4.  目的

表現集も対話集も忘れないように覚えると言う点では同じです。しかし、この表現集は単なる繰り返しになるために学習が単調になり、対話集よりは覚えるのが大変になります。

ここにある表現集を全部覚えてもらうのは越した事がありませんが、かなり大変な学習になります。そのためにここにある表現集は自分が使えそうだ、覚えた方が良いと思う表現を選択的に覚えてもらうための教材です。

もちろん完全に覚えきらなくてもリスニングの練習にはなるかも知れません。

対話集と表現集のどちらを先にやるかと言う事になれば、やはり対話集から覚えてください。対話集で勉強して覚える学習をしてもらい、累積効果が発揮できるようになると表現の覚えも効率的になります。

表現集の目的は必要な表現を覚える事です。対話集では限られた表現しか覚えることができません。しかし、対話集はストーリーが展開し、かつ他の学習者との練習が何度でもできますから、楽しく何度でも学習ができます。

全部を覚えると言うよりは自分の使いたい表現を確実に覚えて使えるようにしてください。

対話集をどんどん覚えると、今度は英語力が向上するとどんどんいろいろな表現が使いたくなります。表現はそのような場合に特に分野に分けて使える表現がまとめてあります。

5.  理想的な表現集の覚え方

我々の脳は何回やれば覚えると言うものではありません。非常に簡単に覚えられる表現も何度も繰り返しが必要な表現もあります。

累積効果がありますから、覚え易い表現から覚える方が効果的です。そして和訳を見て自由に言える表現はパスして、まだ覚えていない表現を集中的に学習してください。そして覚えると決めた表現は何度か練習して覚えきるまで練習をしてください。

例えば90%くらい覚えていても実際に英語を話す場で使えなければ、結果的には覚えていなのと同じ事なってしまいます。

6.  忘れないように覚える

学習するときは音声を聞いてディープラーニングで練習してください。反復練習をして、手続き記憶で長期記憶に保存できると忘れる事がありません。音読では自然な音を真似る事はできません。

人間の記憶は、一般的に7日から10日くらいは短期・中期記憶に保存され重要と判断された情報は、大脳新皮質に送られ長期記憶に保存されます。

しかし、大脳新皮質に記憶されたかどうかは実際には分かりません。自然な発音で意識無く言える状態にする事です。

つまり復習をしなくても十分に対話ができようにして覚える事が大事です。忘れなければ記憶にある英語表現はどんどん加算されるだけです。

練習をする場合に1回に長時間するよりは、日に分けた方が記憶し易くなります。できれば1日に数回でも良いのですが、数週間に渡って練習をすれば手続き記憶で長期記憶に保存される事が多くなります。

どのくらいやれば忘れない状態かは覚えた対話を使いいろいろ試してみてください。

7.  表現集の練習方法

もちろん基本的な学習方法は同じです。そして対話集と同様に反復練習でネイティブを真似る事です。そして忘れないように覚え事も同じです。覚えたかどうかの目安は発音がネイティブの発音に近くなったかどうかです。

表現集も忘れないようなディープラーニングが必要になります。全部を覚えると言うより必要な表現や使いたい表現を先に覚える方が効果的な学習ができます。

8.  メンテナンス

ディープラーニングされた記憶はそのまま使う事が出来ます。その自動化された記憶が増えると共通のパターンが見えてきます。そのパターンを使えば自分の作った表現でも自信を持って使う事ができます。

人間の記憶は長期記憶に保存されていれば忘れませんが、それを思い出せない場合があります。これは想起の問題です。長期記憶も時間の経過と共に意識下の記憶となり想起が困難になります。母語であれば日常使っているので使う事により甦ります。しかし、第二言語の場合は意識的に使う必要があります。

自分は脳の記憶にある表現のパターンを組み合わせて、自分の意図する言葉を作り出す事もできます。これは脳が持つ編集機能です。記憶にある事例が増えれば増えるほど自分が自由に使える表現も増える事になります。

そして多くの長記記憶があれば一度聞いて覚えてします事も可能です。母語の日本語の場合であれば特にメモなどを取らずにどんどん新しい単語を覚えています。

言葉は周りにいる人の言葉を使う方が理想的ですから、なるべく聞いた音や表現を真似ることができます。英語でもなるべく周りの人の発音や表現を真似る必要があります。このディープラーニングによる英語学習は最初から聞いた音を真似る方法で覚えていきますから、このような言語運用のためのメンテナンスが大変に容易になります。