対話集11

サイト内検索

時間(1:26) 英文数(46)

Tim discusses running both as a sport and for recreation.

対話集 11  ランニング

1.使い方

次のページを参照してください。

辞書の使い方

対話集の使い方

2.全英文と音声

ます英文を読まないで英語だけを聞いてください。何度聞いた後に英語を見てください。分からない単語は辞書で引いてください。

Todd: OK, Tim, we’re going to talk about running.

Tim: OK.

Todd: Now, we’ve been running the last couple of nights.

Tim: Yeah, that’s true.

Todd: And, uh, you’re much faster than me. You’re a fast runner. How often do you run?

Tim: Well now I only run about four days a week. But, when I was younger everyday.

Todd: Oh, really. Wow! Did you run in high school or college?

Tim: I ran, I started when I was six years old.

Todd: No kidding!

Tim: And I started running and I ran all the way through the university.

Todd: Really!

Tim: Yeah!

Todd: OK. So what events did you do?

Tim: Middle distance, middle distance which is 1,500 meters to 5,000 meters.

Todd: Wow! Are you a better short distance runner or long distance runner?

Tim: Middle distance runner.

Todd: Middle distance. OK, how far is a middle distance?

Tim: Oh, 1,500 meters, about.

Todd: 1,500.

Tim: Yeah.

Todd: OK! Ah, what’s your fastest time in the 1,500 meters?

Tim: Ah, 3…. about 3:47.

Todd: Three minutes and forty seven seconds.

Tim: Yeah!

Todd: That’s pretty fast.

Tim: Yeah. I did that in high school actually. I wasn’t so fast in the university.

Todd: Oh, wow, man you can run. No I don’t feel so bad when you run so much faster than me.

Tim: I’ve been slowing down. I’ve been drinking beer so I don’t run so fast anymore.

Todd: Yeah, we’re getting older. Actually, um, I’m 33. How old are you?

Tim:I’m 27.

Todd: 27. Oh, OK. So, do you think you’ll be running your whole life?

Tim: I think so, yeah. I grew up running in the woods, everyday in the woods, so I really want to get back to running in the woods. I think it is really healthy thing to do.

Todd: Yeah. That’s nice. OK. Thanks a lot, Tim.

Tim: Yeah!

 

3.全和文

 

トッド: OK、ティム、ランニングについて話しましょう。

ティム:OK

トッド: あの、我々は夜数日走りました。

ティム: はい、そうです。

トッド:あなたは私よりもずっと速く走りました。あなたは速く走れます。どのくらい(回数)走るのですか。

ティム: ええ、私は現在は週に4日走ります。でも、小さい時は毎日です。

トッド: ああ、そうですか。凄い。高校とか大学では走っていましたか。

ティム: 私は走っていました、私が6才の時に始めました。

トッド: 本当ですか。

ティム: そして走り始め、大学までずっと走りました。

トッド: そうですか。

ティム: そうです。

トッド: OK。それでは何の種目でしたか。

ティム: 中距離で、中距離とは1,500メートルから5,000メートルです。

トッド: そうですか。あなたは短距離が得意ですか、それとも長距離が得意ですか。

ティム:中距離です。

トッド:中距離ですか。中距離とはどのくらいの長さですか。

ティム:はい、1,500メートル、そのくらいです。

トッド: 1,500ですか。

ティム: はい。

トッド: OK。ではあなたの1,500メートルの最高のタイムはどれくらいですか。

ティム: うん、3・・・・約347です。

トッド: 347秒ですか。

ティム: はい。

トッド:随分速いですね。

ティム: はい。実は私がそれをしたのは高校時代です。大学ではあまり速くありませんでし。

トッド: あなた速く走れるのですね。もう、私はあなたが速く走れてもそれほど気落ちしません。

ティム: 私は遅くなっています。私はビールを飲んでおり、もう速く走る事ができません。

トッド: 我々はだんだん年をとっています。実は私も33です。あなたの年齢はいくつですか。

ティム:私は27です。

トッド:27ですか。OK。これからの人生もずっと走るつもりですか。

ティム: そう思います、はい。私は木のあるところで走りながら育ち、毎日が木の中でした、それで本当に毎日林の中を走りたいのです。私は(それをするのは)健康的であると思います。

トッド: はい。それは素晴らしいですね。OK。どうもありがとう、ティム。

ティム: どういたしまして。 

4.和文音声英文確認

なるべく英文を読まないで英語の音声を真似て覚えてください。

 

トッド:OK、ティム、ランニングについて話しましょう。英文

ティム:OK。英文

トッド:あの、我々は夜に数日走りました。英文

ティム:はい、そうです。英文

トッド:あなたは私よりも速く走りました。あなたは速く走れます。英文

どのくらい(回数)走るのですか。英文

ティム:私は現在は週に4日走ります。でも、小さい時は毎日です。英文

トッド:ああ、そうですか。凄い。高校とか大学では走っていましたか。英文

ティム:私は走っていました、私が6才の時に始めました。英文

トッド:本当ですか。英文

ティム:そして走り始め、大学でもすっと走りました。英文

トッド:そうですか。英文

ティム:そうです。英文

トッド:OK。それではその種目でしたか。英文

ティム:中距離で、中距離とは1,500メートルから5,000メートルです。英文

トッド:そうですか。あなたは短距離が得意ですか、それとも長距離が得意ですか。英文

ティム:中距離です。英文

トッド:中距離ですか。中距離とはどのくらいの距離ですか。英文

ティム:はい、1,500メートル、そのくらいです。英文

トッド:1,500ですか。英文

ティム:はい。英文

トッド:OK。ではあなたの1,500メートルの最高のタイムはどれくらいですか。英文

ティム:うん、3・・・・約3:47です。英文

トッド:3分47秒ですか。英文

ティム:はい。英文

トッド:随分速いですね。英文

ティム:はい。私がそれをしたのは高校時代です。英文

大学ではあまり速くありませんでした。英文

トッド:あなたは走れるのですね。英文

もう、私はあなたが速く走れてもそれほど気落ちしません。英文

ティム:私は遅くなっています。英文

私はビールを飲んでおり、もう速く走る事ができません。英文

トッド:我々はだんだん年をとっています。英文

実は私も33です。あなたの年齢はいくつですか。英文

ティム:私は27です。英文

トッド:27ですか。OK。これからの人生もずっと走るつもりですか。英文

ティム:そう思います、はい。英文

私は木のあるところで走りながら育ち、毎日が木の間でした、それで本当に林の中に戻って走りたいのです。英文

私は(それをするのは)本当に健康的であると思います。英文

トッド:はい。それは素晴らしいですね。OK。どうもありがとう、ティム。英文

ティム:どういたしまして。英文

 

5.ティムの音声でトッドの練習

ティムの全体音

ティムの個別音

トッド: OK、ティム、ランニングについて話しましょう。

トッド: あの、我々は夜数日走りました。

 トッド:あなたは私よりもずっと速く走りました。あなたは速く走れます。どのくらい(回数)走るのですか。

トッド: ああ、そうですか。凄い。高校とか大学では走っていましたか。

トッド: 本当ですか。

トッド: そうですか。

トッド: OK。それでは何の種目でしたか。

トッド: そうですか。あなたは短距離が得意ですか、それとも長距離が得意ですか。

トッド:中距離ですか。中距離とはどのくらいの長さですか。

トッド: 1,500ですか。

トッド: OK。ではあなたの1,500メートルの最高のタイムはどれくらいですか。

トッド: 347秒ですか。

トッド:随分速いですね。

トッド: あなた速く走れるのですね。もう、私はあなたが速く走れてもそれほど気落ちしません。

トッド: 我々はだんだん年をとっています。実は私も33です。あなたの年齢はいくつですか。

トッド:27ですか。OK。これからの人生もずっと走るつもりですか。

トッド: はい。それは素晴らしいですね。OK。どうもありがとう、ティム。

 

 

6.トッドの音声でティムの練習

ティム:OK

ティム: はい、そうです。

ティム: ええ、私は現在は週に4日走ります。でも、小さい時は毎日です。

ティム: 私は走っていました、私が6才の時に始めました。

ティム: そして走り始め、大学までずっと走りました。

ティム: そうです。

ティム: 中距離で、中距離とは1,500メートルから5,000メートルです。

ティム:中距離です。

ティム:はい、1,500メートル、そのくらいです。

ティム: はい。

ティム: うん、3・・・・約347です。

ティム: はい。

ティム: はい。実は私がそれをしたのは高校時代です。大学ではあまり速くありませんでした。

ティム: 私は遅くなっています。私はビールを飲んでおり、もう速く走る事ができません。

ティム:私は27です。

 ティム: そう思います、はい。私は木のあるところで走りながら育ち、毎日が木の中でした、それで本当に毎日林の中を走りたいのです。私は(それをするのは)健康的であると思います。

ティム:どういたしまして。

 

 

英語でチャレンジしてください。

チャレンジ対話11

対話学習が終了したら、次に進んでください。

対話集12

対話集リスト

 

著者・訳者・編集者

Todd Beuckens  桜井恵三

著作権

合同会社ディープラーニング